トップ > 初めて敏感肌を感じた時とケアの方法について

初めて敏感肌を感じた時とケアの方法について

私が初めて敏感肌である事を実感したのは、小学生の時の事です。
子供ながらに美容に気を遣い、自分なりに市販の洗顔剤で洗顔をしたのですが、ある時頬が赤くピリピリする様になり、どんな化粧水をつけても肌に吸収されずに悪化した時の事です。

その敏感肌は大人になった今でも変わらず、子供の時の様に赤くピリピリはしませんが、肌に合わない化粧品を一度使った時には酷い拒否反応を起こしました。
頬がゴワつき硬くなって、ブツブツとした湿疹が出来てしまったのです。
この時ばかりは皮膚科を受診し「化粧かぶれでしょう。」と診断され、塗り薬をつけて治療しました。

今では使用する化粧品は全て肌への刺激のない配合の物、そして余計なケアはせずにシンプルなケアを心掛けています。
洗顔は水だけで行い、油分の多過ぎる化粧品はつけません。
この点だけを気をつけていたところ敏感肌の症状がほぼなくなり、今はトラブルのない肌を維持しています。


敏感肌と知ってから。

私は、ニキビのできやすい肌であるため、小学3年生から20歳頃までずっとニキビと付き合ってきました。
中学生、高校生の頃は、とにかく皮脂が多いのだと思っており、洗顔をゴシゴシとしっかり擦ってしまったり、毛穴の汚れを無理やり押し出すようような、今思うと絶対に良くないこともしていました。

しかし、20歳頃、スキンチェックというものを受けて、初めて自分の肌が敏感であること、乾燥しやすく、ニキビもできやすいということを知りました。
それから、ちふれなどのシンプルな化粧品にしてみたり、ラッシュの洗顔などで乾燥に重点をおいてみたりなどいろいろなものを試しています。
しかし、肌に合わなければすぐにピリピリと感じたり、反対に洗浄力が弱すぎても肌の汚れが取れず、結局ニキビや肌荒れにつながってしまいました。

現在はPOLAやORBISの化粧品を使って肌の調子を見ています。今のところはPOLAが一番良好です。
ニキビが気になったときに、よく効くとネットで見てドルマイシン軟膏を購入してみたのですが、塗布した次の日にかゆみが出て、かぶれてしまいました。
体に使用して問題ないものでも、顔は体よりも敏感な部分であるということも知りました。
いろいろな市販のファンデーションや下地など試してみたいものはたくさんあるのですが、お店に並んでいるものはなかなか手に取ることができないのが悩みどころです。

前の記事 | 

関連記事